新型コロナウイルス感染症の影響により、「おでCafe」に掲載しているスポットやイベントなどの開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。

イベント2017年11月24日公開

田村 |「あぶくま洞」自然の造形美とイルミネーションアートが織りなす幻想世界「緋桜物語」

田村市滝根町にある「あぶくま洞」は、鍾乳石の種類と数の多さではアジア随一ともいわれる鍾乳洞。8000万年という歳月をかけてつくられた自然の造形美を間近に見ながら、神秘的な洞窟内を見学できます。12月2日(土)からは洞内のイルミネーションイベントもスタート。お子さんと一緒に楽しめる探検ワールドへ出発しましょう!

目次

大人も子ども楽しめる、ドキドキわくわくのプチ探検!

福島県民なら誰でも知っている「あぶくま洞」へは、磐越自動車道小野ICから約15分。山間の道を登って行くと、巨大な石灰岩がむき出しの岩山があるあぶくま洞に到着です。

入り口では滝根町のマスコットキャラクター「オリオンちゃん」がお出迎え。洞内の見学にはチケットが必要ですので、入洞券発売場で購入してくださいね。

田村市の天然記念物にもなっている「あぶくま洞」は全長約600メートル。約300段の階段を上り下りしながらまわる、約40分の見学コースになっています。

少し大変そうにも感じますが、雨水と石灰岩がつくりだした不思議な形の鍾乳石を探しながら、楽しく進めます。

「あぶくま洞」の洞内には、さまざまなおもしろい形の鍾乳石がたくさん!入り口でいただいたリーフレットを頼りに、妖怪やきのこ、クリスマスツリーなどの形の鍾乳石を発見しては、子どもたちのわくわく楽しい歓声があがります。

さらに、アドベンチャー気分を楽しみたい方は、洞内見学ルート途中で二手に分かれる「探検コース」へ進んでみましょう。(別途料金がかかります。)

「探検コース」は、こんな狭いトンネルをしゃがんでくぐったり丸太の橋を渡ったりする、スリリングなコース。

水のせせらぎが美しい「洗心の池」にホッと癒されたり、お子さんと一緒に通常コースでは味わえないレベルアップした探検にチャレンジしてみてくださいね!

イルミネーションや光の演出が魅力の、ロマンチックスポット!

洞内の後半の見どころ「月の世界」では、国内の鍾乳洞初の舞台演出用の調光システムを導入し、鍾乳洞を夜明けから夕日となって沈むまでを幻想的に照らします。そんな光の演出もロマンチックなあぶくま洞は、ファッションデザイナーの桂由美さんや、華道家の假屋崎省吾さんが選定委員を務める「恋人の聖地」として選定されています。

「恋人の聖地」とは、全国からプロポーズにふさわしいロマンチックなデートスポットとして選定されるもので、福島県で唯一選定されているのが、この「あぶくま洞」なんです!洞内には、かわいらしい「誓いの鐘」と、ピンクに光るハートのイルミネーションもありますのでぜひ探してみてくださいね。

イルミネーションの幻想的な世界!冬の桜を表現した「緋桜物語」

毎年12月上旬からは、ファンタスティックなテーマや独創的な装飾が魅力の鍾乳洞イルミネーションも開催されます。8000万年の時を経た神秘の鍾乳洞と、LEDの現代アートが織りなす幻想的なイルミネーションを、寒い冬でも気温は約15度と暖かな洞内で楽しむことができます。

こちらは、12月2日(土)~2018年2月28日(水)までの開催!イルミネーションを手がけるのは、郡山市内にある専門学校FSGカレッジリーグの学生さんたちです。

桜の名所も多い田村市と、冬に開花する寒桜「緋桜」を表現したイルミネーションのテーマは「緋桜物語」。入り口からすぐの「若人の窟(いわや)」と、出口付近の「光の回廊」を、さまざまな種類のLEDライトを使い、桜の木や花、雪などを表現します。ダイナミックな鍾乳洞とピンクやゴールドの色とりどりの繊細な光で表現される「緋桜」の世界は必見です!

学生さんたちが、デザインから装飾まで熱心に考え、進め、準備してきたイルミネーション。完成した美しい「緋桜物語」を、みなさんも楽しみにご覧になってくださいね!

イベントやコンサート、グルメも楽しめる!

イルミネーションがスタートする12月2日(土)からは、地域内外からのアーティストによるコンサートイベントも開催されます。

ケーナや、サックス、ハーモニカの演奏から、オペラやコーラス、Jポップや口笛まで、2018年1月27日(土)までの土・日11:00~と13:30~の2回で約30分間、洞内の「滝根御殿」で開催されます。高さ29メートルもある幻想的で美しい鍾乳洞に響く音楽は、格別な音色となりそうですね。

さらに、12月3日(日)にレストハウスで行われる「新そばまつり 福そば×福うなぎ」も楽しみなイベントのひとつ。滝根町産のそばと、「あぶくま高原福うなぎ®」の初コラボしたうな丼セットが味わえます。キッズチェアーやベビーラック、子ども用の食器もあるのでご家族で、話題のふっくら柔らかな「福うなぎ」を味わうチャンスですよ!

神秘的で偉大な鍾乳石の世界にわくわくしたり、美しくロマンチックさも魅力のあぶくま洞は、年中無休で季節を問わず楽しめます。

車で10分ほどのところにある「入水鍾乳洞」では、本格的なケイビングも体験できますし、お隣の「星の村天文台」で、天体観測やプラネタリウムもオススメ!

あぶくま洞の洞窟内の小宇宙の世界と、どこまでも続く天空の大宇宙を、ご家族で楽しんでみてはいかがですか?

お子さんと一緒に「あぶくま洞」をより楽しむための、おでCafeチェック!

高低差のある「あぶくま洞」は、動きやすい服装とスニーカーが◎

お子さんはもちろん、大人も動きやすい服装がオススメ。洞内にはトイレはありませんので、トイレを済ませてから洞内へ行きましょう!オムツ替えは、レストハウス1階の女子トイレにて。

特産品のじゅうねんと、あぶくま由来のブランド豚が味わえる「レストハウス釜山」

4月~11月限定で提供される、地元の特産品の「じゅうねん(えごま)」を使った料理が人気です。市内のハム工房都路から届く「やまと豚 米らぶ」と、じゅうねんを使った「じゅうねん味噌焼き定食」は、プリッと柔らかな豚肉と濃厚なじゅうねん味噌が絶品です!

地元の郷土食「じゅうねん冷たれうどん」もおいしいですよ。

おいしいあぶくま洞の恵みをおみやげに

あぶくま洞内で熟成させた「あぶくまわいん北醇」や、あぶくまの天然水使用の「あぶくまの化粧水」、人気ナンバーワンの「月の小石チョコレート」はおみやげにオススメです。

あぶくまの天然水で入れたコーヒーは、酸味のあるスッキリとした味わい。ぜひアイスで味わってくださいね。

特集記事をシェアしよう