新型コロナウイルス感染症の影響により、「おでCafe」に掲載しているスポットやイベントなどの開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。

ショッピング2017年04月15日公開

いわき |「いわき・ら・ら・ミュウ」立ち寄るだけじゃもったいない。いわきのいいとこ詰め合わせ!

福島県いわき市にある「いわき・ら・ら・ミュウ」は新鮮な魚介類市場やレストラン、物販店などがそろった複合施設です。東北有数の広さを誇るキッズパークや、クルージングなども楽しめる魅力的なスポット。キャッチフレーズのとおり、ここに来れば「いわきのいいものぜんぶ」が楽しめるかも?

目次

まるで漁港?値切りもOKのおさかなゾーン

まず正面入り口に立つと真っ先に目に入ってくるのがこの「おさかなゾーン」。正面入り口を中心に、左右にずらりとお魚やさんが軒を連ねています。全国から直送された新鮮な魚介類や、干物などの加工品が並び、購入の際にはなんと値引き交渉も可能。まるで市場のような感覚が魅力的です。

漁港とは違って、通路も広く、設備も充実。お子さん連れでも安心してお買い物が楽しめます。購入したものはその場で宅配も可能。いわき市の魚・メヒカリもマグロもカニも、新鮮なまま届けることができます。

その場で楽しみたいなら、バーベキューがオススメ。獲れたての新鮮な魚介類を、自分で焼いてパクリ。親太平洋を目の前に潮の香りを感じながら食べるお魚は、格別なおいしさですよ。

いわきのグルメ&おみやげはここでバッチリ!

「おさかなゾーン」を抜けると、物産品がそろう「物販ゾーン」へ。ここではいわき市をはじめとした福島の名産品や、銘菓、地酒などを取り扱っています。いわき市の観光情報ナビゲーター「フラおじさん」グッズは、かわいくてお子さんもよろこびそう。

さらに奥へと進むと、「飲食ゾーン」が広がります。2階のレストランも合わせると計11店舗が出店。ラーメンに洋食・和食とバラエティー豊かですが、どの店舗でもいわきの味覚を満喫できる料理がいっぱいです。いわきの海を眺めながら、いわきの海の幸に舌鼓を打ってみてはいかがですか?

お母さんもお子さんもうれしい東北有数の遊び場

お子さんを目いっぱい遊ばせたいなら「わんぱくひろば みゅうみゅう」へ。屋内型の遊び場としては東北有数の広さを誇る施設です。広場のなかはウレタンマットが敷かれていて、転んでも安全。

長さ13mの「エアトラック」に、木製の秘密基地のような「ベガ・キャッスルスペシャル」、「ウレタン山」など遊具がいっぱいで、お子さんも夢中になって遊べますよ。

すぐ近くには子ども専用のトイレや、授乳室、エリア内には6~12ヶ月の子ども専用のベビーゾーンもあるので、小さなお子さん連れでも安心。この充実の施設が通常100分入れ替え制で、利用料はなんと200円!お財布にも優しい施設です。

「サーティーワンアイスクリーム」や喫茶店で、遊び疲れたあとの休憩もバッチリ。

豪華遊覧船でいわきの海を堪能!

豪華な観光遊覧船「ふぇにっくす」も人気。結婚式の二次会も可能な広くてキレイな遊覧船で、いわきの海をクルージング。マリンタワーや六角堂、灯台など、いわきの名所を海から一望できます。

餌を求めて船と並走するかもめに直接餌を与えられる、「餌付け体験」はお子さんも大喜びできそう。乗船時間のオススメは日の入りの時間帯。夕日を受けて、オレンジ色に染まる海のクルージングはきっと特別な思い出になるはずです。

初日の出や花火大会など、季節のイベントも実施しているので、タイミングを見計らってお出かけしてみるのもいいかもしれません。

まとめ

飲食から遊び、観光まで、「いわき・ら・ら・ミュウ」に来ればすべてを楽しむことができます。

建物2階にある「ライブいわきミュウじあむ」ではいわき市の歴史や観光、都市交流などについて、映像やパネルでご紹介もしています。現在は「いわきの東日本大震災展」を開催中(2017年3月現在)。楽しいイベントも行っていますのでぜひ一度遊びに来てみてください♪

特集記事をシェアしよう