新型コロナウイルス感染症の影響により、「おでCafe」に掲載しているスポットやイベントなどの開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。

くらし2017年05月10日公開

秋田 |「お金の便利帳」

新生活、ゴールデンウィークなどのイベントごとが終わって、気がついたら散在していた!というご家庭も多いのでは?少しでも暮らしの経済面のやりくりを円滑にするための、お金に関するお役立ち情報をまとめました。ぜひお役立てください!

目次

子育てに関するお金のあれこれ

■秋田県「あきた子育てふれあいカード」


協賛店で「あきた子育てふれあいカード」を提示すると、お店ごとに違う特典が受けられます!カードは母子健康手帳交付時、または転入届出時に配布しています。

■秋田市「遠距離通学費補助制度」


市立小・中学校に通学する小学生および中学生の保護者を対象に、通学にかかる経費に関して補助金を交付しています。申請は学校を通じて行います。

■横手市「児童手当」


中学生以下のお子さんがいる家庭を対象に支給されます。毎年6月に「児童手当・特例給付現況届」を提出する必要がありますので、ご注意ください!

医療に関するお金のあれこれ

■秋田市「乳幼児および小中学生の福祉医療制度」


乳幼児および小中学生にかかる医療費の自己負担分が助成されます。申請すると「福祉医療費受給者証」が交付されますので、医療機関で提出してください。

■横手市「子育て支援入院医療制度」


小学生を対象に、入院医療費を助成されます。医療費を支払ったあとの申請となります。申請の時効は5年以内です。

くらし・住まいに関するお金のあれこれ

■秋田市「秋田市住宅リフォーム支援事業」


住宅の増改築やリフォーム工事に対しては5万円の補助、中心市街地活性化基本計画事業区域内の住宅に対しては10万円の補助を行っています。受付期間は平成30年3月16日(金)まで!

■横手市「移住促進空家対策事業リフォーム補助金」


定住を目的に空家を購入し、秋田県外から移住する、もしくは移住した方を対象に、リフォーム費用の一部を助成しています。工事に着手前に申請が必要です!

まとめ


いかがでしたか?その地域に長く暮らしていても、お金に関する制度やお得なサービスに意外と気づかないことも多いのではないでしょうか。毎日を少しでも暮らしやすくするために、自治体や市の公共サービスを活用してみませんか?

特集記事をシェアしよう