十和田市現代美術館

開催場所
青森県十和田市西二番町10-9
MAPはこちらをクリック
開催期間
2021-06-17 00:00 ~ 2021-12-17 00:00
対象者
どなたでも

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
十和田市現代美術館さまご提供の,「企画展+常設展 招待券」プレゼントの応募受付は6月12日で終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

十和田市現代美術館の常設に2021年4月1日から塩田千春名和晃平の作品が加わりました。
12月にはレアンドロ・エルリッヒの作品が新しい展示室とともに公開されます。

塩田千春の作品は、十和田湖にあった船が使われています。船に編まれた無数の赤い糸は展示室を埋め尽くし、空間を超え水のように広がっていきます。

名和晃平の作品は、鹿の剥製の表面を透明の球体で覆った彫刻で、
身体的な体験をそぎ落としてきた情報社会の現状を表現しています。

新型コロナウイルス感染防止対策とお願い
・入館の際は必ずマスクの着用と館内に設置している消毒液での手指消毒をお願いします。
・展示室内の混雑を緩和するため、入場制限を行う場合があります。
【写真左】塩田 千春《水の記憶》 撮影:小山田邦哉 ©2021 JASPAR, Tokyo and SHIOTA Chiharu
【写真右】右/名和 晃平《PixCell-Deer#52》 撮影:小山田邦哉 2018, mixed media, H2173 ×W1896 ×D1500 mm
【写真上】鈴木 康広《はじまりの果実》
 Arts Towada十周年記念「インター + プレイ」展 展示風景(十和田市現代美術館、青森、2020年)撮影:小山田邦哉
【写真下】外観

お問い合わせ先

十和田市現代美術館
〒034-0082
青森県十和田市西二番町10-9
℡0176-20-1127 Fax0176-20-1138

イベントをシェアしよう