新型コロナウイルス感染症の影響により、「おでCafe」に掲載しているスポットやイベントなどの開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。

レジャー2018年05月31日公開

新潟 |「中山隧道」手掘りトンネルでは日本一の長さ!

日本有数の豪雪地域で知られる長岡市山古志地区。ここには住民の手によって掘られた隧道(ずいどう)と呼ばれるトンネルがいくつもあります。そのひとつ、中山隧道は手掘りのトンネルとしては日本一の長さ。今も残る先人たちの努力の結晶、中山隧道をご紹介します。

目次

地域の人の生活を守るために完成したトンネル

中山隧道(なかやまずいどう)は、山古志地区で最も山深い小松倉集落にあります。古くから四方を山に囲まれたこの集落の人々は、どこへ行くにも峠を越える必要があったといいます。特に積雪が4メートルを超える冬場の峠越えは命がけだったそうです。

集落には医者もいなかったことから、急病人が出れば、背負って峠を越えなければならなかったため、以前から集落内ではトンネルを求める声が上がっていたのだそう。そして地域の人たちが協力して取り組んで建設したのが中山隧道です。

全長約877メートル、幅約2メートル、高さ約2.5メートル。軽自動車1台が通れるほどの狭さに驚きますが、1998年までは国道として利用されていました。

1998年に中山トンネルが開通し、中山隧道はその役目を終えました。しかし住民の声によって保存されることになり、今もその内部を見学することができるように。上の写真の左側が中山トンネル、右側の小さなトンネルが中山隧道です。

トンネル内部に残る当時の痕跡

保存された中山隧道は2015年まで通り抜けることができました。一部崩落の危険があるため、現在は山古志地域の入り口から70メートルほどだけ歩いて見学することができます。

内部にはゴツゴツした壁が広がります。これは、ツルハシと呼ばれる硬い土を掘り起こす農業用の道具などを使って掘られたためなのだそう。当時の工事の様子を伝える道具も置かれ、手作業で進められたことに、子どもだけでなく大人もびっくりすることでしょう。

小松倉集落の人たちが工事に取りかかったのは、1933年。通常、トンネル工事では重機を使用しますが、この隧道は集落の人たちだけで建設されたので、専用の機材などはなくツルハシやシャベルなどを使って掘り続けられたそうです。

人の手でトンネルを掘り続けたと聞くと、「そんなことができるの?」と思いますよね。そのヒントは、田んぼにあります。

山に囲まれた山古志地区では、斜面を利用した棚田が広がっています。田んぼに欠かせない水を引くために、横井戸も掘って地下水を掘り出していたのだとか。中山隧道は、地元に伝わる横井戸のこの技術を利用して掘り進められたのです。

中山隧道は1933年に工事がはじまり、1949年に貫通を迎えました。途中、太平洋戦争で一時中断しましたが、完成までなんと16年もの歳月がかかったそうです。この工事にそれだけの時間と労力をかけた先人たちの情熱に感心させられますね。

トンネルの入り口には解説パネルが設置され、隧道が完成するまでの歴史や、先人たちの苦労を知ることができます。2006年には、土木学会選奨土木遺産としても選定され、歴史的にも評価されています。

隧道の歴史に触れ、山古志ののどかな棚田を見てみよう

中山隧道がある小松倉集落をはじめ、山古志地区は至るところに棚田が広がっています。田植えを終えた田んぼは緑がとってもキレイですし、遠くには新緑の山々が見えます。

貴重な棚田の風景も、手掘りのトンネルとともに、ゆっくり見学してみてはいかがでしょうか。

「中山隧道」以外にも魅力がたくさん!山古志に行ったらここにもでかけてみたい!おでCafeチェック!

隧道は歩きやすい靴で行こう

隧道の見学距離は70メートルほどですが、地下水が流れて滑りやすい場所もあるため、歩きやすい靴でおでかけください。隧道内はひんやりしているので、上着を1枚用意するのがオススメ。

5月から11月は牛の角突きが開催

山古志地域には国の重要無形民俗文化財に指定された「山古志牛の角突き」があります。5月から11月まで月2回ほど開催しています。間近で見る闘牛は迫力満点!

アルパカ牧場でかわいらしいアルパカに触れよう

山古志地区には、アルパカ牧場があります。エサもあげられるので、お子さんもよろこびますよ。

特集記事をシェアしよう