新型コロナウイルス感染症の影響により、「おでCafe」に掲載しているスポットやイベントなどの開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。

レジャー2021年08月06日公開

寒河江 |「学びの里TASSHO」里山体験ができる交流型宿泊施設

山形県寒河江市の田代地区にある「学びの里TASSHO(たっしょ)」は、閉校した小学校をリノベーションした宿泊施設。里山の豊かな自然を生かし、森でのトレッキングや星空観察などファミリーでできる多彩な体験プログラムを用意しています。地元産の山菜やきのこをふんだんに使った滋味深い料理も楽しめますよ。

目次

緑にあふれた寒河江市田代にある「学びの里TASSHO」

「学びの里TASSHO」

山形県のほぼ中央に位置する寒河江市。月山や奥羽山脈などの山々に囲まれた自然あふれるエリアで、さくらんぼの産地としても知られています。そんな寒河江市の田代地区にあるのが「学びの里TASSHO」。JR羽前高松駅から車で約13分、小さな集落に建つ宿泊施設です。

施設は2013年に閉校した地区のシンボル「寒河江市立田代小学校」を活用するため、宿泊施設としてリノベーション。周囲の自然を楽しむのはもちろん、音楽室や体育館、給食室など元小学校の特徴を生かし、個人や団体でさまざまな活動や体験をできるのが魅力となっています。

ファミリーで満喫できるプログラムが豊富

「里山体験プログラム」

学びの里TASSHOの多彩な「里山体験プログラム」は、通年体験できるものと期間限定のものが用意されています。

料理に興味のあるお子さんと一緒に楽しむなら「豆腐づくり体験」はいかがでしょうか?田代地区では、古くから旧正月に豆腐田楽を味わう習慣があり、各家庭でつくられているそう。体験では、地元で採れる大豆・秘伝豆(ひでんまめ)を使い、昔ながらの製法で豆腐を手づくり。料理に不慣れなお子さんでもできるように、地元のお母さんたちがやさしく教えてくれます。

手順は、材料を攪拌してにがりを入れ、型に流し込み固めます。できあがった豆腐は、濃厚で甘みのある秘伝豆の風味が生かされた素朴な味わい。自分たちで手づくりするからか、より一層おいしく感じます。豆腐をつくるときに出る大豆のしぼり汁・おからもドーナツにして、余すことなくいただきます。

非日常の絶景に感動!

「星空観察」

3月末~11月中旬に開催されるのがガイド付きの「星空観察」。市街地の明かりに影響されない山々に囲まれた土地なので、満天の星を眺められます。普段はなかなか見られない流れ星や雄大な天の川に、お子さんも大興奮!専門ガイドから星や星座についての話を聞けば、さらに興味が深まりそうです。

雨天で観察ができない場合でも、ガイドがプロジェクターを使って分かりやすく教えてくれますよ。

初心者でも体験可能なトレッキング

「天下森(てんがもり)トレッキング」

里山風景を一望できる「天下森(てんがもり)トレッキング」は、冬季以外の期間に開催されているプログラムのひとつ。標高395メートルほどの小高い山なので、初心者でもトレッキングが楽しめます。所要時間は、登り約60分、下り約40分、説明や休憩も入れて2時間ほど。小学校3年生以上から参加可能です。

山頂からは、寒河江市の北西にそびえる霊山・葉山を背景に、田代ののどかな農村風景を望めます。春夏は新緑や高山植物、秋は紅葉と、季節によって山の表情が変わるのも魅力的。清々しい空気を吸ってリフレッシュできそうです。

ほっと落ち着く田代の家庭料理

「里山レストランたしろ亭」

里山体験プログラムのほかに人気を集めているのが、「里山レストランたしろ亭」。旧小学校の給食室を活用してできた地産地消レストランです。

地元で採れる山菜やきのこをメインに、山の幸をふんだんに使ったお膳料理と定食をラインナップしています。料理をつくるのは、地元のお母さんたち。素材の味を生かした農家料理を味わえば、心も体も癒やされるように感じます。

自然のなかでお子さんとさまざまな体験ができる学びの里TASSHO。日常ではできない貴重な経験は、家族の大切な思い出になりそうです。

「学びの里TASSHO」体験プログラムをもっと知りたい!おでCafeチェック!

60分間採り放題のワラビ採り

5月末頃からはワラビ採りが始まります。インストラクターが採り方を教えてくれますよ。

美しいハスの花にうっとり

施設近くにあるハス池の花が開花。可憐なハスの花をのんびり鑑賞できます。

スノーアクティビティも充実

雪が降る冬はスノーバナナボートが楽しめます。雪上を駆けめぐるスリル満点な体験を。

特集記事をシェアしよう