新型コロナウイルス感染症の影響により、「おでCafe」に掲載しているスポットやイベントなどの開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。

レジャー2021年10月22日公開

仙台 |「JRフルーツパーク仙台あらはま」採って、食べて、買って、フルーツの魅力を体感!

宮城県仙台市の荒浜地区に、2021年3月「JRフルーツパーク仙台あらはま」がオープンしました。ここは、一年を通してフルーツ狩りができる体験型観光農園。イチゴやブルーベリーのほかさまざまな野菜も収穫できます。施設内には、フルーツたっぷりのスイーツを味わえるカフェレストランや、産直品を買えるマルシェもありますよ。

目次

仙台に誕生した観光農園「JRフルーツパーク仙台あらはま」

「JRフルーツパーク仙台あらはま」

宮城県仙台市の海岸沿いに位置する荒浜地区は、東日本大震災時に大きな津波被害があったエリア。この場所をもう一度、人々の笑顔が集まる場所にしたいという想いからつくられたのが、観光農園「JRフルーツパーク仙台あらはま」です。

約11ヘクタールの敷地には、フルーツを栽培するビニールハウス、カフェレストラン、マルシェのあるフルーツステーションを設置。一年を通して、旬のフルーツの摘み取り体験ができます。仙台駅から車で約30分で行けるアクセスのよさもあって、オープン以来、多くの人が訪れています。

2021年は初年度ということで、摘み取り体験ができるのはイチゴとブルーベリーのみ。1月頃から開催予定の摘イチゴ狩りでは、真っ赤に実った食べごろの果実を摘み、その場で味わえます。大きさや色味の違う果実のなかから、お子さんと一緒に好みを探すのも楽しいですよ。

※2022年以降は、ブドウ、リンゴ、ナシなど、8品目156品種が摘み取り可能になります。

新鮮な素材を活かした農園カフェレストラン「Les Pommes」

「OBANZAI CURRY(オバンザイカレー)」

ランチタイムやカフェタイムには、カフェレストラン「Les Pommes(レポム)」で過ごすのはいかがでしょうか。こちらで味わえるメニューは、すべて「ホテルメトロポリタン仙台」のシェフが監修。本格的なホテルメイドの味を気軽に楽しめます。

パパとママにオススメのランチメニューは、お皿の上に数種類のおかずがのった華やかな見た目の「OBANZAI CURRY(オバンザイカレー)」。カレーのルーは全体の味のバランスを考えて、スパイスを30種類以上も使っています。

「季節限定のスイーツ」

食後には、農園で採れる旬のフルーツを活かした季節限定のスイーツをどうぞ。採れたてフルーツのおいしさを感じられる味わいに、お子さんは大よろこびしそうですね。

「あらはまマルシェ」で産直フルーツ&野菜をショッピング

「あらはまマルシェ」

おなかが満たされたあとは、ショッピングを楽しみましょう。直売所「あらはまマルシェ」には、周辺農家から毎日届く新鮮野菜や園内で収穫したフルーツが並びます。産直ならではの、旬の味をおみやげにするのもオススメですよ。

ファミリーみんなが楽しめる体験型農園・JRフルーツパーク仙台あらはま。フルーツのテーマパークをぜひ訪れてみてください。

「JRフルーツパーク仙台あらはま」のカフェレストランでこれも食べたい!おでCafeチェック!

人気のおかずがのったキッズメニュー

お子さんが好きなハンバーグやエビフライがのったキッズカレーがあります。

東北食材を挟んだサンドイッチ

龍泉洞黒豚ハムや三陸産のカキを具材にしたサンドイッチは、小腹がすいたときにぴったり。

すっきりとした甘さのジェラート

スタッフオススメのフレーバーがそろうジェラートは、コクがありながらすっきりしたあと味で人気です。

特集記事をシェアしよう