新型コロナウイルス感染症の影響により、「おでCafe」に掲載しているスポットやイベントなどの開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。

くらし2018年05月02日公開

岩手 |「地元のおいしさがいっぱい!朝市特集」材木町よ市、神子田朝市

日曜の早朝などに、農産物や加工品などが売られる定期市「朝市」。定期または不定期開催で開催される特別なマーケットで、旬のおいしいグルメが比較的安価で手に入るチャンスでもあります。今回は、岩手県内で行なわれている「朝市」をご紹介します!

目次

盛岡市「材木町よ市」40年の歴史を誇る、お祭りのようなマーケット

毎週末、土曜限定で開催されるストリートマーケット「材木町よ市」。約430メートルにもおよぶ商店街が歩行者天国となり、旬の食材がお手頃価格で手に入るほか、地元グルメの食べ歩きを楽しむことができます。

マーケットの様子は、まるでおまつりのようなにぎやかさ!周辺地域では県外からもお客さんが集まるほどの人気ぶりです。飲食ばかりではなく、リサイクル品、お菓子など取り扱うものも種類豊富のため、幅広い年代の方々に愛されています。

なかでも人気なのは、ヨーロッパ伝統製法でつくられるクラフトビール「ベアレン醸造所」の地ビール!このビールとおつまみグルメを楽しみに訪れる方も多いようです。一度味わってみてはいかがでしょうか。

ななびでは「材木町よ市」について、詳しくご紹介しています。こちらもご覧ください。

盛岡市「神子田朝市」ほぼ毎日営業!盛岡名物が味わえる

朝市としては珍しい常設市場「神子田朝市」。月曜日を定休日として、年間315日を超える営業をしています。盛岡周辺の生産者が集まり、旬の新鮮な野菜、果物、魚介類などを販売しています。早朝からにぎわいをみせ、人気店は早々に店じまい。さらに駐車場も限りがあるためお目当てがある場合は余裕をもって行くことをオススメします。

岩手の郷土料理・ひっつみを販売しているお店「木偶の坊(でくのぼう)」は、野菜とダシの優しい味わいで人気なため、まだ暗い時間帯から行列ができるほどの人気。ほかにも懐かしい味わいのラーメンやおでんなど、名物となっているグルメが多数存在します。ついつい通ってしまう人も少なくないのだとか。おいしい地元グルメと市場の人たちとのあたたかいトークで、朝から元気をもらえそうですね。

いかがでしたか?地元の方はもちろん、県外から観光で訪れる方も、早朝から活気あふれる「朝市」で、旬のおいしさを味わってみてはいかがでしょうか。
興味深いと思われた方は、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!

オススメ記事

特集記事をシェアしよう